アニメーション動画はこうやって出来ていた!

その歴史

日本でアニメが作られるようになったのは1900年頃になります。日本が始めてアニメ動画を作ったわけではなく海外からの輸入によってアニメが知られるようになりました。
外国から入ってきたアニメ映画を見たことで、テレビでの短い作品より先にアニメ映画が作成されることに注目が集まっていきました。

そこから1960年代に入り日本のストーリー漫画を生んだ手塚治虫氏がアニメ制作のプロダクションを立ち上げます。
それまで1回完結型で作成されていた動画が、ストーリーものとして連続するようになったのは手塚治虫氏が作った「鉄腕アトム」が始まりでした。
その後日本のアニメを海外でも有名にしたのは宮崎駿氏になります。「未来少年コナン」や「風の谷のナウシカ」など数々のヒット作を作り上げました。

最近は子供だけが楽しむアニメや動画の時代から変わり「機動戦士ガンダム」や「新世紀エヴァンゲリオン」のように大人から子供まで男女も関係なく楽しめるものが注目を集めています。
そうした需要により、日本のアニメや動画も変化し続けています。そして日本は世界をリードする動画作品を生み出し続けているのです。
作品の幅が拡がっていくことにより、ファンの層も厚くなり、その数も増えていっているようです。
これまで興味を持っていなかった人もハマる作品が見つかるかも。

what's new

2013/03/14
経済効果を更新。
2013/03/14
組み立てるを更新。
2013/03/14
作画するを更新。
2013/03/14
作られる流れを更新。
2013/03/14
トップページを更新。